• キャロライナリーパーの栽培

    2022.05.16 更新

    (5/15現在の様子です。)

    こんにちは!

     

     

    めちゃくちゃ辛い物は食えないくせに、

    いまだに辛い物好きといっている、

    施行スタッフの赤城隆史です!

     

     

    今回は、かの有名な激辛トウガラシ、

    「キャロライナリーパー」

    の栽培を始めたので、

    それについて書いてみます!

     

     

    まずは、

    キャロライナリーパーの種を蒔くところからですが、

    4月にプランターに植えようとした場合、

    遅くとも2月中には発芽させたいところです。

     

     

    けど、温室ではないので温度が足りない!

     

     

    であれば高いところに置けば、

    エアコンの熱を利用していけるんじゃないか?

     

     

    ということで、

    冷蔵庫の上にセットして、

    毎日毎日水をあげました。

     

     

    すると、

    3週間くらい経った頃、

    ちょぼちょぼと発芽し始めました^^

     

     

    それからシッカリめの双葉が現れたので、

    早速パチリ☆

     

     

     

     

     

    種まきから1か月以上で双葉誕生!|キャロライナリーパーの栽培

    (種まきから1か月以上で双葉誕生!)

     

     

     

     

     

     

     

     

    いやー、

    目が出た時は嬉しかったですよー!

     

     

    途中から

    「この種死んでるんじゃないか?」

    って思ったりするくらい音沙汰なしでしたから。

     

     

    で、

    この双葉に水やりを続け、

    ようやく本葉が出てきたので、

    プランターに植え替えました。

     

     

    植え替え後の写真がこちらです!

     

     

     

     

     

    5/15現在の様子です。|キャロライナリーパーの栽培

     

     

    ソーシャルディスタンス!!|キャロライナリーパーの栽培

    (ソーシャルディスタンス!!)

     

    そして、子どもが朝顔を植えてた鉢にも!|キャロライナリーパーの栽培

    (そして、子どもが朝顔を植えてた鉢にも!)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ソーシャルディスタンス。

    ここ数年で当たり前のようになって来ましたが、

    また数年たったころには、

     

     

    「あ~、そんなのもあったねー!笑」

    「マスク? そういえばみんなしてたよね! 懐かしいな~!笑」

     

     

    なんて笑い話にかわっていくんでしょうね。笑

    その時のためにより多くの面白エピソードを集めるためにも、

    不要といわれるまではキッチリとやっていきます^^

     

     

    おっと!

    話がそれました。

     

     

    上の苗はまだ3か月くらいですが、

    1年を超えるとそうとうしっかりとしてきます。

     

     

    キャロライナリーパーではありませんが、

    2年目を迎えた唐辛子たちをご覧ください、どうぞ♪

     

     

     

     

    越冬中の唐辛子たちの様子|キャロライナリーパーの栽培

    (越冬中の唐辛子たちの様子)

     

     

     

    こちらはお菓子でも有名な「ブートジョロキア」です|キャロライナリーパーの栽培

    (こちらは有名な「ブートジョロキア」です)

     

     

    「トリニダード・スコーピオン」です|キャロライナリーパーの栽培

    (「トリニダード・スコーピオン」です)

     

     

    一番辛くない「ハバネロ」です|キャロライナリーパーの栽培

    (一番辛くない「ハバネロ」です)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    初めの苗と見比べると、

    オワカリイタダケタトオモウ。

     

     

    去年の栽培を終え、

    越冬しやすいように切断されたこの唐辛子の苗。

    青々としていた茎はいつの間にか木のように変化し、

    まるでずっと前からここに居たのではないかというオーラを放っている。

     

     

    唐辛子は一年草といわれていますが、

    2年目も行けるんですね^^

     

     

    このまま大きくしていって、

    パキラみたいに観葉植物にしてやろうと計画中です。

    それまであと3年はかかりそうです。

     

     

    その前に、

    辛すぎてノックアウトされます笑

     

     

    何か月かして進展があればまた報告します♪

     

     

    今回は、

    施行スタッフの赤城隆史が、

    ブランド唐辛子を植えた、

    という内容でした。

     

     

    およみいただき、

    ありがとうございますm(__)m