Q&A

給湯器について一覧 >

  • 従来品とエコジョーズの違いは?

    ずばり、機器内部の水をお湯に替える部品の大きさの違いです。従来品は水を湯に 変える「熱交換器」という部品が一つだけなのに対し、エコジョーズには二つ付いております。ですので、同じ熱量でも水を湯に変える能力が大きいため結果的に「ガスの節約になる」というわけです。

  • オートとフルオートの違いは?

    →フルオートとは、自動で湯張りをする際、設定湯量が 「10」の場合、「10」まで湯を張り、追い焚きを行います。その後、浴槽内の湯が 「8」まで減った状態で再度自動で湯張りをしても、設定された「10」まで湯張りを して沸かしなおしてくれます。プラス、フルオートには「配管洗浄機能」がついている ため、ボタン一つで機器内部の配管をキレイに保ってくれます。

    →オートとは、設定が「10」で貯めて、湯を使用して「8」まで減らしたとし ます。そこで自動で湯張りを行うと、設定された「10」の湯が新たに足されるため、 合計「18」となり、浴槽からかなりの湯が溢れます。「不便なのか」と思われます が、「たし湯」というボタンを押せば20リットル、40リットルといった具合に湯を 足してくれますので、減った分を「たし湯」でちょうどいい位置まで増やすことが出来 ます。ちょっとした手間ですが、慣れると全く手間ではなくなります。オートの魅力 は、なんと言っても値段の安さです。操作や感覚などは使っているうちにすぐ慣れます ので、価格で選ぶならオートに軍配が上がります。

  • BL品て何?

    優良住宅部品(BL部品)は、品質、性能、アフターサービス等に優れた住宅部品 です。人々の住生活水準の向上と消費者の保護を推進することを目的として認定し、そ の普及を図っています。

    “BL”とは“Better Living(よりよい住まいを)”の頭文字をとったものです。

  • 特定保守製品て何?

    平成19年2月に小型ガス湯沸器の経年劣化が主要となる重大な事故が発生しました。これを受け改正消安法(消費生活用製品安全法)が成立し、平成19年11月21日に公布されました。この法律により平成21年4月1日以降、安全に長く製品を使うには点検が必要な製品9品目を特定保守製品に定め、事故を未然に防止するため、点検等の保守を適切に支援する長期使用製品安全点検制度が設けられました。

    該当する特定保守製品とは、経年劣化リスクがあり、設計標準使用期間後も継続使用する場合は、点検を行い、その結果を踏まえた措置が必要な製品です。 このため、 保守情報のご提供、有償での点検及び整備の実施を確実に行うため に、お客様のご購入リスト(お客様よりご登録)を作成し、管理・運営させていただくこととなりま す。

    【特定保守製品】
    屋内式ガス瞬間湯沸器(温水暖房付を含む)[都市ガス用、LPガス用]、屋内式ガスふろがま[都市ガス用、LPガス用]、石油給湯機、石油ふろがま、密閉燃焼式石油温風暖房機、ビルトイン式電気食器洗機、浴室用電気乾燥機]弊社の対象製品は屋内式ガス瞬間湯沸器(温水暖房付きを含む)[都市ガス用,L Pガ ス用]屋内式ガスふろ釜[都市ガス用,LPガス用] また、経年劣化による重大事故の発生確率は高くないものの、事故件数が多い製品について、設計上の標準使用期間と経年劣化についての注意喚起等の表示が義務化されたのが長期使用製品安全表示制度になります。 該当製品は、①扇風機 ②エアコン ③換気扇 ④電気洗濯機 ⑤ブラウン管テレビで弊社の対象製品は、換気機能付の浴室暖房乾燥機が換気扇として対象になります。”

    「パーパスホームページ」より引用

  • 特定保守製品の「お客様のご購入リスト(お客様よりご登録)。」とありますが、登録の方法は?

    ご登録方法はとっても簡単です。特定保守製品の製品の梱包の内部に「色の付いたハガキが」入っております。そのハガキに必要事項をご記入いただき、ポストに投函していただくだけとなります。ハガキに記載されているURLにアクセスしていただければ、インターネットからの手続きも可能です。なお、登録を行うとリンナイの場合、通常1、2年の メーカー保証期間が3年間に延長されますので、大変お得です(業務使用は除く)。重要なリコールのお知らせや、10年経過する前にお知らせする「安全のための有料点検 (修理ではありません)の通知」が届きます。必ずご登録いただきますよう、お願い申し上げます。

パイプクリーニングについて一覧 >

  • 記事はありません。

電気工事について一覧 >

  • 記事はありません。

水道工事について一覧 >

  • 記事はありません。

お湯まわり.comについて一覧 >

  • 記事はありません。

価格について一覧 >

  • 記事はありません。