• 電気温水器の撤去処分作業の様子です^^

    2018.05.03 更新

     

    こんにちは!

     

     

    先日、

    ぼんちゃんとおねーちゃんにもらったチョコレートを食べたところ、

    なぜだか歯のブリッジが外れたため、

    そのまま歯医者に直行した、

    施工スタッフの赤城隆史です!

     

     

    「チョコレートを食べてて外れるなんて、初めて聞きましたよ(笑」

     

     

    と、お褒めのお言葉をいただきました^^

     

     

    それがお褒めのお言葉かどうかは別として、

    「マンションの電気温水器の撤去作業」

    に伺った時の様子をご覧いただきましょう^^

     

     

    「なぁ、赤城ぃ。電気温水器って、どんな仕組みなのよ?」

     

     

    おっとー!

    中学時代からのツレのような質問の仕方、

    とてもノスタルジックで笑えて来ます。笑

     

     

    電気温水器とは?

     

     

    簡単に言うと、

    電気ポットのオバケみたいなものです。

     

     

    電気ポットの満水量が2.2リットル前後に対し、

    電気温水器は150リットルから550リットルくらいの容量があります。

     

     

    150リットルでも電気ポットの約68倍。

    550リットルであれば約250倍のお湯を蓄えることができます。

     

     

    電気温水器の中に貯まった水を、

    電気の力で高温になるまで温めます。

    ・マイコン型 約75℃~約90℃

    ・マイコンレス型 約85℃

    (一例 三菱電機株式会社さん)

     

     

    電気温水器のお湯を温めるためには、

    200Vの電圧が必要です。

     

     

    また、沸かすのに山のように電気を食いますので、

    深夜電力を利用したり、

    ライフスタイルに合った電力会社を選定するなど、

    最適な電力プランの見直しが必要不可欠となります。

     

     

    で、

     

     

    湧きあがった約85℃のお湯がそのままシャワーから出てきてしまうと、

    いくら気合を入れていても大ヤケドを負いますので、

    シャワーの水栓金具は水とお湯を混ぜられる混合水栓か、

    簡単に調整してくれるサーモスタット付き水栓がベストです。

     

     

    リモコン付きの機種であれば、

    ボタン一つで温度を設定できるため、

    とても簡単です。

     

     

    おっと。

     

     

    このままだと話が止まらなくなってしまうので、

    そろそろ本題に入りましょう!

     

     

     

    まずは、

    今回撤去を行う電気温水器の写真をご覧ください、

    こちらです!

     

     

     

     

    電気温水器撤去前

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    でで~ん♪

     

     

    でかいですねー!

     

     

    横綱換算すると、

    約0.7人分くらいの体積がありそうですね~。

     

     

    ん?

     

     

    横綱換算がわからない?

    それに?

    0.7人分だと、どれほど大きいのかがいまいちわからない?

     

     

    ですよねー、

    実はひそかに僕もそう思ってました^^

     

     

    話を戻します。

     

     

    こちらの電気温水器ですが、

    古くなるといろいろとトラブルが発生することは、

    ご存知でしょうか?

     

     

    ガス給湯器と違い、

    電気温水器の交換サイクルは、

    正直かなり長めです。

     

     

    普通に20年以上とか使えちゃうんです。

     

     

    その背景には、

    製造の技術力がとても高いことが挙げられます。

     

     

    ですが、

     

     

    長く使っていれば、

    機械モノなのでもちろん壊れます。

     

     

    製品内部の故障はもちろんですが、

    製品本体以外の故障も発生してきます。

     

     

    長年の使用の末、配管が腐食してしまったり、

    所々に付いている安全弁が故障してしまったり、

    いろいろ起こってきます。

     

     

    で、

     

     

    この電気温水器自体が給水装置なので設置するのも外すのも、

    「給水装置工事主任技術者」の資格が必要です。

     

     

     

    電気温水器をいい加減な手順で撤去を行うと、

    その後どうなるか、考えたことはありますか?

     

     

    まず、電気温水器本体を外します。

     

     

    本体を外すときに200Vの配線も一緒に外すので、

    第二種電気工事士以上の資格が必要となります。

     

     

    この時点で外した電線の絶縁処理ができていなければ、

    誤ってブレーカーを上げた際、

    火災や感電による負傷などが起こる可能性があります。

     

     

    うまく本体を外した後、

    給水配管及び給湯配管内部にゴミなどが入らないよう、

    キャップなどを使って口をふさぎます。

     

     

    ここまでで「うんうん」と思った方。

    実は大間違いです。

     

     

    古いのを外してすぐに新しい電気温水器を設置する、

    というのであればOKです。

     

     

    しかし、ここでの話は撤去処分です。

     

     

    撤去処分を行うということは、

    その後は設置しないということになります。

     

     

    設置しない状態で、

    外した給水配管と給湯配管を潰してしまうと、

    給水配管の水の流れは止まってしまいます。

    専門用語で「行き止まり配管」と、いいます。

     

     

    給湯配管も空気と水が残っている状態で、

    栓をされてしまいます。

     

     

    で、何が悪い?

     

     

    例えば、

    コップに水を入れました。

    その水を2週間後に飲めますか?

     

     

    飲めませんよね?

     

     

    水は腐ってしまうものなので、

    やめておいた方が無難です。

     

     

    その現象が行き止まり配管にも起こります。

     

     

    行き止まり配管内の水も、

    流れていないので当然痛みます。

     

     

    痛んだ水はどんどん広がり、

    違う経路に混ざるようになります。

     

     

    そうすると、

    その「痛んだ水」が混じった水を、

    毎日口にすることになります。

     

     

    あー、こわ。

     

     

    また、

    給湯配管内に空気と水が残った状態でフタをすると、

    鉄管で配管されている建物の場合、

    配管が内側から腐食していきます。

     

     

    腐食だけではなく、

    たまり水や鉄管自体に帯びた静電気の影響で、

    同時に電蝕も発生します。

     

     

    放置されてサビだらけでボロボロになった配管に、

    「数年後に設置した新しい電気温水器」

    の水圧がかかるとどうなるでしょう?

     

     

    サビが進んんだ配管からは、

    運が悪ければ漏水します。

     

     

    また、配管内部にびっしりと発生したサビが、

    電気温水器からの水の流れを邪魔するので、

    シャワーの勢いもとても弱くなってしまいます。

     

     

    「高圧力型の電気温水器を設置したのに水圧が弱い」

     

     

    という悲しい結末が待ち受けています。

     

     

    では、

    どうすればそれらの事態を防げるのでしょうか?

     

     

    答えは簡単です。

     

     

    外した給水配管と給湯配管を、

    バイパス(つなげる)すればいいだけの話です。

     

     

    こちらが電気温水器を撤去した後の写真です。

    ご覧ください、どうぞ!

     

     

     

     

    電気温水器撤去後

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    オワカリイタダケタダロウカ

     

     

    上の写真の水道配管を指でなぞっていけばわかりますが、

    途中でぶつ切れになっているところがありません。

     

     

    そのため、たまり水は一切発生しません。

     

     

    電気温水器を撤去した後のキッチンやお風呂の蛇口からは、

    もちろんはお湯は出ません。

    お湯側の蛇口(バルブ)をひねっても、

    冷たい水道水が出て来るだけです。

     

     

    実は、

    ここがとても重要なポイントになります。

     

     

    お湯は出なくても、

    「電気温水器が設置されていた経路」

    からの水が蛇口から出てきます。

     

     

    ということは、

    たま~にお湯側の蛇口を回して水を通せば、

    たまり水による被害を防げるということです。

     

     

    電気温水器の撤去処分で検索すると、

    安っすい撤去費用を提示しているところが結構出てきます。

     

     

    ちなみに当社の撤去処分費用ですが、

    神奈川県内のみ税8%込み34,800円にて行っております。

     

     

     

    ちなみにですが、

    撤去後の給水給湯配管のバイパスを行わなければ、

    撤去が完了したとは言えません。

     

     

     

    建物を末永く大切にお使いいただくためには、

    専門的な知識を持った業者に依頼することをおすすめします。

     

     

    無駄話が多すぎて、

    本題がぼやけちゃいましたね^^

     

     

    改めてBefore&Afterをご覧ください^^

     

     

    撤去処分前の電気温水器の写真です、どうぞ!

     

     

     

     

     

    電気温水器の撤去処分作業の様子です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こいつにつながる水道配管、電気配線、そして地面に固定されているナットを外し、

    「ふんぎゃぁ♪」と力いっぱい気合を入れて外し、

    巴投げをして表に放っぽり出した後の写真がこちらです!

     

     

     

     

     

    電気温水器の撤去処分の業者選びは、撤去費用だけでなく、後処理をどのようにやってくれるのかが肝となります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お客様には大変ご満足いただけました^^

     

     

    また何かお役に立てることがございましたら、

    お気軽にご連絡いただければ幸いです。

     

     

    ということで、

    電気温水器の撤去処分は、

    撤去費用だけにとらわれず、

    信頼のおける業者をお選びください^^

     

     

    長くなってしまいましたね。

    お読みいただき、

    本当にありがとうございますm(__)m